「ディーラー下取り」VS「買取店に売る」どっちが良いの?

高く売れるのはどっち?

〇勝ち 買取店に売る

買取店に売るほうが、間違いなく高く売れる。

そもそもディーラーは新車を売ることを専門としている。
つまり買取りに関して、ほとんどチンプンカンプンだ。

なので、中古車市場で人気の装備だったり、人気のカスタムだったりなど分からないので、プラス評価をしない。
つまり、高く売れないのだ。

一方、買取店は中古車市場を熟知している。
人気の装備だったり、人気のカスタムだったりすれば、プラス評価をして、高い査定額を出す。

じゃあ人気のないクルマだったり、装備だったりすると、高く売れないのでは?

いやいや、大丈夫!
なぜなら売却ルートが豊富だからだ。

買取店は、軽四を高く買い取ってくれる店だったり、ミニバンを高く買い取ってくれるお店だったり、カスタム車を高く買い取ってくれるお店だったり、海外だったり、クルマが最も高く売れるルートを持っている。
つまり、売る側は高く売れるということだ。

なので、少しでも高く売りたいのであれば、買取店に売るほうがいい。

手間がかからないのはどっち?

〇勝ち ディーラーに下取り

ただ単に売るだけなら、どこのお店に売っても手間は変わらない。
クルマを売る過程は、クルマを査定してもらって、査定額に納得したら書類を記入して、ハンコを押して、あとは売るだけ。

ただし、次にクルマを買うお店で売るのであれば、手間が変わってくる。

下取りは買う店と売る店が同じだ。

1人の担当者だけ対応すればいいし、書類のやり取りも1社で済ませられるし、来店するのも1社だけでいい。
ディーラーの下取りに比べて、労力が2分の1で済む。

それに対して買取店に売る人は、買う店と売る店が違う場合がほとんどだ。
なので、買う・売るの2つのお店の担当者と対応しなければいけないし、書類のやり取りも2つのお店としないといけないし、来店のするのも2つのお店としないといけないし、とにかく面倒だ。

なので、手間をかけずラクに売りたいのであれば、ディーラーに下取りをするほうがいい。

安心して売れるのは?

△引き分け

これはどちらも微妙だ。
なぜなら、買い取る側は少しでも安く買い取ろうとするから。
だから、あの手この手で安く買い取ろうとする。

例えば、相場が100万円の車があるとする。
買い取る側は「査定した結果、80万円です」「どこの車屋さんで売っても同じ査定額です」などと言って、なるべく安く買い取ろうとする。

でも、ほとんどの人が相場を知らないから、買い取る側の言っていることに納得して売ってしまう。

なので、ディーラーにしても、買取店にしても、安心して売ることはできないだろう。

安心して売るにはどうすればいい?

相場を知る!
これしか方法はない。

相場を知るには、複数の買取店に査定してもらうのが一番良い。
複数の査定額を知ることで、車の相場がいくらぐらいなのかが分かるようになるから。

アナタが相場さえ知っていれば、買い取る側から安い査定額を提示されても、その査定額が安いのか高いのかを判断することができる。

つまり、高く売ることができるということ。

でも、複数の買取店に査定してもらうのは、さすがにしんどい。
1社ずつ来店していたら、どれだけ時間がかかるのって話。

けれど、カンタンに複数の買取店に査定してもらう方法がある。
それが「一括査定」というサービスだ。

一括査定は、ネット上で自分の情報と車の情報を1回入力すると、複数の買取店に査定の依頼をすることができる。

査定の依頼をすれば、自分の指定した場所まで査定しに来てくれる。
わざわざこちらから出向く必要なんてない。

しかも、手数料が無料なので、金銭的の負担がかからない。
自分にダメージを受けずに、相場を知ることができるのだ。

なので、安心して売りたいのであれば、一括査定を利用することをオススメする。

一括査定の流れを知りたい人は下記の記事が参考になる。
↓↓↓
一括査定で車を売った話。流れ・驚きの査定額を公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする