錆びたメッキパーツを『新品のような輝き』に戻せた話


僕はずっとメッキパーツのサビで悩んでいた。

以前、もっと輝いていたのに…
サビているので、恥ずかしい…
サビ取り剤を使ってもキレイにならない…
など。

サビなんてキレイにならないと思いながらも、サビを取る方法をずっと探していた。

そして、とうとうサビを取って、ピカピカにできる方法を発見した。
『サビトリキングとメッキング』を使う方法だ。

サビトリキング・メッキングとは?


サビトリキングは「サビを取る」ケミカル用品だ。

メッキングは「サビから守り、光沢を出す」仕上げのケミカル用品だ。

これらはクルマ好きの人だけじゃなく、デコトラ愛好家やバイカーなど人にも愛されている。
芸能人の岩城滉一さんも愛用しているそうだ。

もちろん愛されている理由がある。
それは、頑固なサビを取り、ピカピカになるからだ。

「えっサビ取り剤ならピカピカになるのは普通じゃないの?」と思った人はいると思う。

でも、それは間違いだ。
世の中にはたくさんのサビ取り&守る用品があるけど、全く効果のないモノがごまんとある。

けれど、サビトリキング&メッキングは他のモノとは一味も二味も違う。
想像以上にピカピカになるので、「オオ!!」と感動する人も多いらしい。

しかも、どんなメッキにも対応している。
だから多くの人に愛用され、リピータも多い。

みんなの口コミ・評価・評判は?

  • お店の展示車に使っています。錆びが綺麗に取れるのでオススメです。 (40代 男性)
  • クロームメッキのパーツに使ったのですが、まるで鏡ようにピカピカになりました。ありがとう! (40代 男性)
  • タイヤのホイールを磨きました。錆びていたところはピカピカ。買ってよかったです。 (30代 男性)
  • めっちゃ綺麗になりました! (20代 男性)
  • 率直な感想はこの商品をもっと早く知りたかった。もう他の商品は使えない (20代 男性)
  • ハーレーのメッキ部品に使いました。評判通りの素晴らしい商品です。 (50代 男性)
  • もう10年以上愛用しています。とても良い商品です。(40代 男性)
  • 錆が取れます。でも、他の商品との違いが変わらないと感じました。 (30代 男性)
  • 良い商品なんだけど、値段がちょっと高いな~。もうちょっと安くして~! (20代 男性)
  • 期待はずれ。もっと綺麗になると思っていた。(20代 男性)

大半の人が良いと評価している。
「予想以上にピカピカになった!」「驚いた!」という感想が多数だった。

けれど、口コミを聞いても「えっ何となくウソくさいんだけど…」と思う人もいるだろう。
僕もそのうちの一人だった。

でも、食わず嫌いなのも良くない。
だから僕は半信半疑でサビトリキング&メッキングで手入れしてみた。

実際に手入れをしてみる


今回はランクル60という車のバンパーを磨く。
バンパーは、上の画像を見ての通り、サビ、くすみ、水あかがある。
では、磨いてみる。

まずはサビトリキングの液体を付属のクロスに付ける。
液体はタップリつけるほうがサビがキレイに取れる。
軽く磨いてみると…

すげー!!!少し磨くだけでめっちゃキレイになる!

その後、サビトリキングで20分ほどサビを落とし続けて、メッキングで(サビ防止&光沢を出す)仕上げる。

その結果、とんでもなくピカピカになった!
ぜひ見てほしい!この違いを!!!

僕は今まで、たくさんのサビ取り&守る用品を使ってきた。
正直、どの用品もパッとしなかった。
たしかにキレイになるけど、感動するほどではなかった。

でも、サビトリキングとメッキングだけは違った。
サビトリキングとメッキングは、他の錆取り剤とは比べ物にならないぐらいピカピカになる。

僕は、初めて「良いサビ取り&守る用品に出会えた」と思った。

こんなにもキレイになるとは・・。めっちゃキレイになるという口コミは本当だった

値段はいくら?

サビトリキングだけなら約2,000円。
さらにキレイに仕上げたいのであれば、サビトリキング+メッキングで約7,000円。

やはりキレイに仕上げたいのであれば、サビトリキングとメッキングを買ったほうがいい。
2つ一緒に買うと少し高く感じるかもしれないが…。

でも、変な錆取り剤を買って失敗して、また新しいモノを買って失敗して、というループをするぐらいなら、最初からサビトリキング&メッキングを買ったほうが絶対後悔しない。
変な錆取り剤を買えば、それこそお金と時間のムダだから。

ちなみに僕はホイールを20本磨いたけど、まだサビトリキング&メッキングの液量が半分以上も残っている。
1回買ってしまえば、当分なくならないのも嬉しい。

使った後の効果は?

長持ちする

メッキは必ず劣化する。
メッキには無数の穴が空いていて、その穴に水やほこりなどが侵入して下地から錆びていく。
そして、最終的に表面がボロボロになる。

でも、メッキングで穴を埋めれば劣化を防ぐことができる。
メッキングはコーティング効果(皮膜を作る)があるので、水やほこりの侵入を防ぐことが可能。

その結果、メッキは劣化することなく、キレイな状態を保ち続けることができる。
つまり、メッキングで手入れをすれば長持ちするということだ。

もちろん、手入れをしたからといって劣化しないわけではない。
けれど、明らかに手入れするのと手入れしないでは、劣化するスピードが違う。

おかげで、ホイールの状態はずっとキレイなままだ。

好印象を与えられる

ピカピカにした物は、見栄えがいい。
と同時に、それを身に付けた人を引き立たせるという相乗効果を生む。
つまり、自分の価値を上げてくれるのだ。

例えば、服も一緒。
オシャレな服を着れば、自分の価値を高めることができる。
自分の価値が高まれば、相手により好印象を与える。

この例えと一緒で、ピカピカにしたモノを身に付けると、相手に好印象を与えることができるのだ。

好印象を与えるのは、人生では大事なことだ。
人は印象で大きく左右されるから。

例えば、人付き合い。
悪い印象を与えれば信頼関係を築くことすら難しい。
反対に好印象を与えれば、仲良くなるスピードも早くなるし、信頼関係も早く築ける。

もちろん好印象を与えなくても人付き合いはできる。
でも、好印象を与えたほうが人付き合いが円滑に進む。

実際、車のメッキパーツをピカピカにしたおかげで、全く知らない人から「ピカピカしてカッコ良いね~」と何回も声を掛けられた。
これをきっかけに、知り合った人とは今でも仲良くさせて頂いている。

それもこれも、サビトリキングとメッキングのおかげだ。

儲けることができた


キレイなモノには高い価値がつく。
高い価値がつけば、高く売れる。

僕は考えた。
あえて錆びたモノを買い、それをピカピカにして売れば儲けることができるのではないかと。

実際、僕は儲けることができた。
錆びたホイールを4万円で買い、それをピカピカにして、ヤフオクで9万円で売った。
つまり、5万円儲けることができたのだ。

味をしめた僕は、また錆びたホイールを買って、ピカピカにして、売ることを続けた。

何だかんだで合計20万円ぐらい儲けた。
その儲けたお金で新品タイヤを買い、3泊4日の北海道旅行も行くことができた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする