手洗い洗車の「手順・やり方・頻度」まとめ

手洗い洗車の手順は?

手順1.水洗い

まずは水でボディーの砂やホコリをしっかり流す。
砂やホコリをしっかり流さないと、スポンジで洗った時にキズになるから。
なので、「水洗い」の工程はとっても大事。

手順2.シャンプー

水洗いが終わったら、次はシャンプー洗い。
洗う時は天井から順番に洗っていくのが基本。

例えば、ボンネットをキレイに洗った後、天井を洗うとどうなるか?
天井の汚れが下へと流れ落ちていく。
つまり、またボンネットが汚れてしまうということだ。

もう一度洗うことは二度手間だ。
そうならないためにも天井から洗ったほうがいい。

あとはカーシャンプーはなるべくモコモコに泡立てたほうがいい。
泡立てたほうがボディとの摩擦を抑えることができるから。
摩擦がなければない程、ボディーにキズがつかない。

ちなみに僕が愛用しているシャンプーはコチラ。

愛用しているグローブがコチラ。
広範囲を洗えるからラクだし、フワフワな素材なのでボディーにも優しい。

手順3.すすぎ

クルマは洗い終わったら、すぐに水で洗い流す。
シャンプーは乾くとシミになる可能性があるから。

洗い流すときは念入りに。
とくに注意する箇所は、

  • サイドミラー
  • ドアノブ
  • グリル
  • ボンネットやトランクの隙間

これらがシャンプーの残りやすい箇所だ。

手順4.拭き取り

シャンプーを流し終えたら、すぐに水を拭き取る。
水が乾くと、シミになる可能性があるから。

拭き取りの際、役立つのがマイクロファイバークロス。
理由は2つ。

1つ目がラクだから。
マイクロファイバークロスは吸水性が高い。
1回サッと拭き取るだけで、拭き残しがない。
綿のタオルのように何回も拭き取らなくていいので、疲れを抑えることができる。

2つ目がキズがつきにくいから。
マイクロファイバークロスはとにかく柔らかい。
繊維が髪の毛の100分の一なので、触るとフワフワでサラサラだ。
なので、拭いてもキズがつかない。

ちなみに僕が愛用しているの道具はコチラ。
質が良くのに、安い値段だ。
コスパ良すぎ!

手順5.コーティング

最後は仕上げのコーティング。
コーティングをする理由は2つ。

1つ目が見栄えが良くなるから。
コーティングは光沢を与える。
クルマがピカピカになるので、周りの人から注目を浴びる。

2つ目が劣化を防げるから。
コーティングは塗装面に皮膜をつくる。
皮膜をつくることで、塗装面を保護する。
保護できれば、塗装の劣化を防ぐことができる。

ちなみに僕が愛用しているコーティング剤はコチラ!
今までたくさんのコーティング剤を使ってきたけど、断トツでコレが一番良かった!



画像をポチッと押せば買うことができる。

おすすめの洗車グッズは?

このバケツは本当に良い商品。
なぜなら、

  • 踏み台にできるから高いところも洗える
  • 洗車グッズを収納できる
  • 水量のメモリがあるので、洗剤を薄めるのに便利

使い勝手が良いので、買って損はしないと思う。

洗車の頻度はどのくらいがいいの?

洗車はなるべくしないほうがいい。
スポンジで洗ったり、クロスで拭いたりすれば必ずキズがつくからだ。
深いキズになれば、その傷が原因で錆びになる。

でも、クルマは洗車をしなければ、必ず汚れる。
汚れれば洗ってピカピカにしたくなるのは当然だ。

けれど、洗えばキズがつく…。
どうすればいいのか?

そこで役立つのがコーティング剤。
コーテイング剤は塗装の上に皮膜をつくる。

皮膜がキズつくには問題ない。
問題なのは塗装にキズがつくことだから。

皮膜があれば、塗装のキズを防ぐことができる。
だから、洗車をしても問題ない。

関連記事

コーティングとは? コーティングは皮膜をつくって、塗装面を保護してくれるもの。 紫外線や汚れ、雨などの塗装を劣化させる外的要因か...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする