車はどこが高く売れるの?売却先の「メリット・デメリット」比較


なるべくクルマを高く売りたい!

この記事を見ているアタナは、きっとこのように思っているはず。

でも、クルマを売った経験なんて人生に何回もあることじゃない。
だから、どこに売れば高く売れるなんて分からないのは当然のこと。

そこで今回はクルマの売却をテーマに「売却先のメリット・デメリット」を書きたいと思う。
クルマで売ろうと考えている人の参考になれば。

ディーラーでの下取り

下取りとは、次のクルマを購入するお店に今まで乗っていたクルマを売ること。

メリット

ディーラーの下取りはとにかくラク。
なぜなら、クルマの購入も売るのも同じ店だから。

だから、担当者とのやり取りは1人だけ対応すればいいし、来店するのも1社だけでいい。

これが下取りラクなところだ。

デメリット

ディーラーの下取りは高く売ることができない。

そもそもディーラーは販売専門だ。
中古車の買取りに関しては、ノウハウがない。

だから、中古車で人気の装備だったり、カスタム車だったり、プラス評価をしてくれない。
つまり、高く売ることができない。

高く売りたいのであれば、ディーラーの下取りはやめたほうがいい。

買取の専門店

買取の専門店とは、その名の通り買取に力を入れているお店のこと。
例えば、ガリバーやアップル、カーセブン、カーチス、ビックモーターなどのお店だ。

メリット

買取の専門店は高く売ることができる。
理由はシンプルで買取のプロだから。

買取の専門店は経験やノウハウがあるのはもちろんのこと、豊富な流通ルートを持っているので、相場よりも高く買い取ってくれることが多い。

そもそも買取で利益を得て商売を成り立たせているので、クルマの売値が安ければ買取の専門店なんて存在しない。

つまり、買取の専門店に売れば、高く売れるということだ。

ちなみに僕は買取の専門店に売ると、ディーラーよりも30万円も高く売ることができた。

デメリット

特にこれといったデメリットはない。

けれど、一つ言っておきたいのが、買取の専門店は必ず高く売れるとは限らない。
高く売ることができる車種もあれば、そうでない車種もあるから。

なので、出来れば複数のお店にいくらで売れるのかを査定してもらったほうがいい。
そうすれば、どこで売れば得なのか、損なのかが分かるから。

特定車種の専門店

特定車種の専門店とは、軽四、SUV車、外車、カスタム車、VIP車、事故車などの特定の車種だけを専門にしているお店のこと。

メリット

特定車種の専門店は、扱っているジャンルの車種の場合、高く売ることができる。
なぜなら、クルマの価値をきちんと見極めてくれるから。

例えば、一般のお店はカスタム車を高く買い取らない。
なぜなら、カスタム車は需要がないから。

需要がないと売れないので、クルマの価値がどんどん下がり、最終的に買い取るお店側が損をするハメになる。

でも、カスタム車の専門店は違う。
カスタム車好きのお客さんを多く抱えているので、一般の販売店よりもカスタム車をすぐに売ることができる。
つまり、カスタム車で儲けることができる。

なので、カスタム車の専門店はカスタム車をきちんと評価してくれるので、高く売ることができる。

デメリット

店舗数が少ない。

なので、自宅の近くにないと、行くまでに手間がかかる。

ヤフオク

ヤフオクとは、ヤフーが運営しているオークションサイトのこと。
売り手と買い手が直接やり取りをする個人売買だ。

メリット

ヤフオクは最も高く売れる方法だ。
なぜなら業者を介さず、売り手と買い手が直接やり取りをして売買できるからだ。
業者を介さないと中間マージンが発生しないので、その分高く売ることができる。

だから、ヤフオクで売る人は多い。
けれど、決して高く売れるわけではない。
相場よりも安く売ってしまう人も大勢いる。

売るのであれば、きちんと自分のクルマの相場がいくらなのか調べておいたほうが絶対に良い。

デメリット

とにかくトラブルが多い。
特にクルマの知識がない人だ。

ヤフオクは個人売買なので、売り手が買い手にクルマの状態を説明する必要がある。
けれど、売り手にクルマの知識がないと、詳しくクルマの状態を説明することができない。

きちんとクルマの状態を説明していないと、買い手が実際にクルマを見たり運転したりして「こんなこと聞いていないぞ!」とクレームを言ってくる。
クレームだけで終わればいいのだが、それで終わることはほとんどない。
買い手から「お金を払え」と言われたりするのだ。

なので、クルマの知識がない人はヤフオクで売らないほうがいい。
実際、ヤフオクでクルマを売っているのは、ほとんど業者ばかりだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする