ヤフオクで車を出品して分かった「現実・トラブル・リスク」体験談


「ヤフオクでクルマを売るのはどうなの?」
このように思っているアナタに言いたい!

「ヤフオクでクルマを売るのはやめたほうがいい」
なぜなら良いことがないから。
実際に、ネット上でも「ヤフオクで出品して後悔している」という声が多数挙がっている。
僕もそのうちの一人。

そこで今回はヤフオクの出品をテーマに「現実・トラブル・リスク」を書いてみる。
ヤフオクで出品しようと考えている人の参考になれば。

高く売れなかった


僕はヤフオクで出品すると、高く売れると思っていた。
なぜなら買いたい人と売りたい人が直接売買できるから。
ムダな中間マージンが発生しないから、「クルマ屋さんに売るよりもかなり高く売れる」と思っていた。

でもね、その考えは甘かった。

ヤフオクでクルマの購入を考えている人は少ない。
やっぱりリスクが高いから。
みんな安心・安全のくるま屋さんで買いたいと思っている。

だから出品をしても、クルマの売値が上がりにくい。
ヤフオクに参加する人が少ないので、価格競争が起こらず、売値がグッと上がらないのだ。
その結果、売値はクルマ屋さんで売るのと変わらなかった…。

もちろん、高値で売っている人も大勢いる。
けれど、売値がさほど変わらない人、クルマ屋さんで売ったほうが高値だった人も大勢いるのが現実だ。

ヤフオクで売ったからといって、必ず高値で売れるとは限らないのでご注意を。

ちなみクルマを出品するには手数料が3,000円かかる。
もしクルマが売れなければ、3,000円をドブに捨てることになる。
世の中にはクルマが売れず、手数料だけ払い続けている人が大勢いるらしい。

クレームを言われた


ヤフオクの出品はスムーズに進むと思っていた。
カンタンに言えば、クルマを出品して、あとは相手に引き渡せばいいだけだから。
別に問題なんて起きないと思っていた。

でもね、実際は違った。
クルマを引き渡した後が大変だった…。

ヤフオクの出品はクルマの状態を相手にきちんと伝えないと、後々トラブルになりやすい。
相手がクルマを実際に見たり運転したりして「ここの箇所が調子悪かった」「この箇所が壊れていた」「キズがついていた」などとクレームを言ってくる。

僕の場合、相手から毎日電話がかかってきた。
「お金を払え」「詐欺野郎」「警察に言う」など色々言われた。
世の中には「殺しに行く」と脅される人もいるらしい…。

僕は相手からクレームを言われて、精神的にかなり疲れた。
イライラするし、寝つきが悪くなるし、気分が落ち込むし、ストレスがたまる毎日だった。
最終的に早くトラブルを解決したかったので、10万円を払った。

ちなみにトラブルになるのは、たいていクルマの知識のない素人。
どこの箇所が悪いとか、調子が悪いとか、分からない人が多いから。
なので、クルマの知識のない人は、出品しないほうがいいと思う。

名義変更してくれなかった(友達の体験談)

落札者に名義変更を任せればいいと思っていた
自分ですればお金がかかるし、相手に任せたほうがラクだから。

でもね、その考えは間違いだった。

名義変更は落札者がする約束だったのに、それをしなかった。
そのせいで自動車税の納付書が出品者の家に届いた。
つまり、出品者が自動車税を払わないといけない。

だから、名義変更は自分でしたほうがいい。
後々、トラブルが起きたら面倒だから。

もちろん、名義変更は手間がかかる。
わざわざ陸運局へ行かないといけないし、名義変更の手続きも2~3時間ほどかかるるから。
半日もしくはそれを超える時間がかかる可能性もある。

しかも、陸運局の営業日は平日のみ。
仕事をしている人は、遅刻をしたり、休んだりしないといけない。
非常に都合が悪い。

時間が無ければ、業者に頼めばいい。
費用は1万円~3万円が一般的。
高いかもしれないけど、トラブルを避けるために仕方がない出費だと思う。

ヤフオク出品をして思ったこと

もう2度と売りたくないと思った。
やっぱりお店に売るのが良い!
これに尽きる。

最近、僕はクルマをお店に売った。
どうせ買い叩かれるんだろうなと思っていた。

けれど、売り方ひとつで高値で売ることができた。

おかげで次のクルマをグレードアップに成功!

クルマを高値で売れた記事は下に書いてある。
何かの参考になれば。

こちらの記事もどうぞ

でも、売却方法はどうすればいいのか? ディーラーなどの販売店に下取り 買い取り専門店(ガリバーやラビット、カーチ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする